特殊清掃・遺品整理・リフォームのことなら「沖縄特殊清掃遺品整理社®」にお任せください!

特殊清掃

特殊清掃とは?

事件、事故、自殺、孤独死など様々な状況で亡くなられる方がいます。場合によっては亡くなられた事が周囲の方に気付かれず、長い時間が経過しまうこともあります。遺体の発見が遅れたことによる遺体の腐敗や腐乱は、その室内へ相当なダメージを与えます。

この様な現場、部屋の現状回復、復旧は通常の清掃作業では対処できません。『沖縄特殊清掃遺品整理社®』ではこの様な住居、部屋の清掃、除菌、消臭、害虫駆除、遺品整理、不用品の処分、リフォームなど、ご遺族ではとても対処することが出来ない様な状況を、元のお部屋に回復する作業を行っています。

この様に、普通の清掃作業では対応出来ない原状回復作業を『特殊清掃』と言います。

特殊清掃における消臭作業は?

亡くなられたご遺体による腐敗臭は床下、壁にまで染み込み空気清浄機や芳香剤等ではその臭いを除去することは出来ません。特殊清掃においてはオゾン・プラズマのダブル効果の高性能脱臭機にて脱臭作業を行います。

特殊清掃における遺品整理作業

突然の不幸の知らせに打ちひしがれているご遺族の方にとって、故人の大切にされていた品々を整理したり、不用品を処分したりすることは大変な心の負担になります。沖縄特殊清掃遺品整理社®では貴重品の捜索、形見分けの品々の配送、不動産のリフォームのご相談など、ご遺族の方の負担を少しでも和らげることが出来る様、ひとつひとつ丁寧に遺品整理を行っています。

ご依頼から完了までの流れ

ご依頼から完了までの流れ

※施工内容により数日頂く場合もございます。

特殊清掃料金

特殊清掃料金

見積無料! お気軽にご相談ください
お問い合わせメールフォームはこちら

特殊清掃とリフォーム工事の必要性

なぜリフォーム工事が必要なのか?

なぜリフォーム工事が必要なのか?1

室内で人がお亡くなりになられてから発見が遅れた場合、人体の腐敗とともに体液が流れ出します。
一度そのような状況になってしまうと室内は腐敗臭によって臭いが充満し、壁紙やクッションフロア、石膏ボードまで臭いが染みこんでしまう状況になります。さらに発見までに数日かかると体液が流れだし、亡くなられた場所によっては床や壁が体液で汚染され、さらに隙間や床板を伝ってお家の基礎部分の根田や大梁、コンクリート部分、さらにマンション等であれば階下まで浸透していく・・・といったケースもあります。そのような状況になると、表面を掃除しただけでは臭いを解決することはできないので、特殊清掃、遺品整理、床や壁、基礎部分の解体工事、コーティング、そして次の入居者に貸し出すために原状回復のための「リフォーム工事」が必要になります。

なぜリフォーム工事が必要なのか?2

しかし、現実には基礎部分に汚れが残っているのにも関わらず、ただ床板を貼って終わらせる業者や、汚れた部分を解体もせず、遺品整理のみで法外な値段を請求する業者や、最初は安かったのにあとから追加請求をしてくる業者、遺品整理のみしか行わずリフォーム業者に丸投げしてずさんな施工内容になる業者もいます。
そのように施工内容も不透明な業者もたくさんいる中で、いざ依頼するとなった時にどの業者に依頼すればいいのか、判断するのが難しいと思います。

ですので「沖縄特殊清掃遺品整理社®」ではそういったことのないように自社で特殊清掃から解体、リフォーム工事まで社内で一括して行うことを可能としております。
リフォーム専門、遺品整理専門業者ではなくや特殊清掃業者の観点から作業を行い、どの部分の解体が必要なのか?どう解体すれば復旧を最小限で留められるかを確認しながら作業を行います。
ご安心して弊社までご相談ください。


リフォームの流れ

リフォームの流れ

汚れた場所が他の作業で歩く場所でなければ、最初に消臭消毒し、解体を行い、汚れたものを梱包し、汚れた場所をコーティングします。
そうすることで真っ先に臭いのでるもとを断ち切ります。その次に、遺品の整理、梱包作業を行います。
もし汚れている場所が作業で歩く場所にある場合は、先に解体していまいますと歩けなくなり、足場の悪さから事故を起こしかねないので表面的に洗浄をおこない、ビニール等で歩けるように養生してから消臭消毒、清掃や掃除、遺品の整理、その後に解体の作業を行います。いずれにしても、どちらかの作業のみを行うことにより、汚れがこれ以上広がらないよう作業しますのでご安心ください。

解体・コーティング

解体・コーティング

一度表面上の解体が終わり、遺品整理も完了したあとに残るのは基礎部分等のよごれ、臭いとの戦いです。
基礎部分がコンクリートであり、そこに汚れが染み込んだ場合は漏水しないよう水を流すのではなく、出来るかぎり水を使わないで汚れの部分を洗浄していき、表面上の汚れを取ります。体液自体はコンクリートの表面だけでなく、その中にまで浸透していってしまうので、臭いが再び出ないようコーティングを行います。基礎部分が木材であっても同様の処理を行います。
その他に、臭いの染み込んだ壁紙も解体させていただきます。

リフォーム

リフォーム

コーティング後にお引き渡しさせて頂き、別の業者の方に施工して頂くことは可能です。しかし、その後に別の業者がリフォームに入り、「コーティングした箇所を不注意で削ってしまい、臭いがまた出たまま床板をはめてしまった」等、新たな問題を起こすことが多々あります。そうなってしまった場合、再度床板を開けねばならない、再度工事費用の請求、近隣への騒音の問題などご依頼主様の負担になることがあります。
「沖縄特殊清掃遺品整理社®」では消臭消毒から遺品整理、リフォームまで一括で行うことによりそれらの問題が起きないよう施工しております。

いざご自身がお持ちの物件で孤独死等が起きた場合、何をどうされたらいいかお分かりにならないかと思います。
弊社ではそのような時にお部屋をきれいにするというところから、別の方が住める状態にまで原状回復させて頂いております。ご安心してご相談ください。


見積無料! お気軽にご相談ください
お問い合わせメールフォームはこちら

施工事例

地域 沖縄県中部 作業日数…
60代、男性。
死因は焼死。

室内の全ての物が火災により焼失。
まずは室内の火災臭がする全ての物を搬出。
搬出後は室内の焼け焦げた部分の研磨作業。

その後、オゾン・プラズマ脱臭器による消臭。
搬出作業1日。
研磨作業2日。
消臭作業4日。

人員は述べ11名。


地域 沖縄県中部 作業日数…
住人の方は御病気で病院にてお亡くなりました。
管理会社を通じましてご遺族から御依頼がありました。
遺品整理整理2日。
ハウスクリーニング1日。
人員4名。


地域 沖縄県南部 作業日数…
60代、男性。死因は病死。
死後1週間。トイレにて発見。
 


地域 沖縄県南部 作業日数…
60代、男性。死因は病死。
死後1週間にて発見される。
室内には4トントラック1台、2トントラック1台分のゴミが散乱。
ゴミ片付け1日、特殊清掃・遺品整理4日。
人員3名。


地域 沖縄県中部 作業日数…
60代、男性。死因は病死。
死後1週間にて発見される。
特殊清掃・遺品整理2日。
人員は2名
特殊清掃 遺品整理 総合整理サポート ご依頼の流れ 会社概要 お問い合わせ 事件現場特殊清掃士

沖縄特殊清掃遺品整理社®は事件現場特殊清掃センター認定・事件現場特殊清掃士がいます。

トップへ戻る